ページ

2016年9月19日月曜日

アメックスがキャンペーンを突如中止、かつ利用済で今後上がってくる請求にもポイントを付与しないという詐欺的行為で祭は終了①

言ってしまえば、「下手くそな幕引きだなぁ、そして下手くそでないのならセコすぎる」ということ。
そしてその下手くそ or セコい会社ににハメられて損失をこうむったのは我々です。

まずはこのアメックスのキャンペーン開始から終了までを私の目線から簡単に振り返って見ます。

//////////////////////////////
①5月末頃
友人からの紹介でアメックスゴールドカードの新規入会キャンペーンがおいしそうだと知る。
内容は新規申し込みから3ヶ月間、公共料金等の支払い1件につきアメックスポイントが2,000ptずつ上限なく付与されるというもの。

②6月1日
同キャンペーンに30回まで(つまり最大で6万pt)の制限が付くようになる。
5月中に申し込みをしておいてよかったと安心するものの、果たして上限なしが適用になるかどうか不安になる

③6月初旬
カード到着。電気・ガス・水道・携帯料金をアメックスゴールドカードに切り替える。
また、ネットの情報からプロバイダやスカパー支払いでもポイントが付くことを知り、プロバイダの複数契約を始める。

④7月中旬
6月利用分の請求がアメックスに上がり始め、無事に6万ptを突破。
上限が無しが適用されていることを確認し安心する
この後はポイント獲得の為にサービス利用を続ける

⑤8月中旬
Yahoo booksでポイントが付与、U-Nextでの大量付与、スカパー付与などが確定しサービス利用を続ける。

⑥9月初旬
3ヶ月というキャンペーン対象基準は、ネットの情報からアメックスによる受付完了から105日であると知ってはいたが、いつ変わるとも知れず対象サービス利用を続けていいものか不安となる。
しかし9月1日、3日に利用したHuluに対してのポイント付与を確認し安心する。

⑦9月9日
ビッグローブの請求が上がってくるもポイント付与無し。
そして夜遅くにアメックスからのメールを受け
取り、「今後アメックスに上がってくる請求に対してはポイント付与を行わない」との連絡を受ける。
以降、8月利用分(つまりメールを受け取るまでに利用したもの)に対してもポイントは付与されず請求だけが上がり続ける。
//////////////////////////////

さて、ここで私が下手くそだなぁ、下手でなければセコいなぁと言ったのは、

まず第一に、アメックスはキャンペーンをやめる or 内容を変更する機会がいくらでもあったにも関わらずそれをせず、お客にとっては最悪のタイミングでキャンペーン中止となったことです。

我々としても(なんとか)納得できるキャンペーン中止の方法としてあり得たのは、

1) 6月頭
②の時点で「4月、5月に入会申し込みをした人たちの上限も6万ptにします!」と宣言する。
もちろんそれ以前に利用したものに対しては約束通りポイントを付与する

2) 6月~8月
大量の請求が上がり始め、アメックスとしてもヤバイと思った時点で、「今後のの利用分に対してはポイント付与しません!」と宣言する。

というところだと思います。
これであればキャンペーン参加者も「祭は終わったか。残念」で収まったはず。
しかし、アメックスは9月9日というタイミングで通知以前の利用分にもポイントを付与しないという内容でキャンペーン終了を宣言。

このタイミングがひどいのは、ぎりぎりまでキャンペーンを引っ張って新規利用者を獲得、かつキャンペーン参加者によるアメックスゴールドカード利用額を積み上げながら、最もポイント付与が必要となるであろう8月利用分が本格的に請求に乗り始める直前に中止したという点です。

これは、アメックスに対して好意的に解釈するのであれば、

「8月利用分のポイント付与対象があまりにも多いことが9月初旬に判明。ポイント負担に耐え切れないことが確実となった為、これまで続けてきたキャンペーンをやむなく中止とした」
となるのでしょうが、それはお人好しの考え方であって、普通の考え方をすれば、

「キャンペーンの設定を間違えて4月、5月入会に対しては無限にポイント付与する設定にしてしまった。6月以降は上限設定しよう。どうもネットを見ると無限ポイントキャンペーンは話題になっているので、上限設定後のキャンペーンに対する宣伝にもなっているようだ。」
「新規入会者数も利用額も業績向上の為に必要だから、ぎりぎりまでキャンペーンを引っ張って入会者数を増やしていよいよやばくなったら中止すればいい。規約にはキャンペーンはアメックスの判断で変更、中止できることになっているから問題ない」

とアメックスが考えていたとしか思えない幕引きの仕方です。
こんな考え方が一般大衆相手から個人情報を収集して信用を担保に商売している会社のすることでしょうか?
相手が一般大衆だから、そして所詮彼らにとっては本国でもない日本のマーケットだからなめているのでしょうか?
仮に同じようなこと、例えば契約書にこっそりいれていた一文を持ち出して一方的に道義的に問題のある対応をさも同然のように行う、をB to Bの世界でやったらどうなるでしょうか?
まともなマーケットであればそのような会社は神輿を失いまともに商売ができなくなるでしょう。

長くなるので②に続きます。

2016年7月21日木曜日

アメックスゴールドカードに事前入金電話をしたところ、不正利用を疑われカードストップの危機。与信金額分含め90万円支払い利用を認めてもらう

前回記事に書いたアメックスゴールドカードのポイント付与のキャンペーンに引き続き参加しています。
ネットなどを見ると、例えばプロバイダへの多重登録などを行うとアメックスから電話があり、

「異常な利用が認められたのでカード利用を一時停止。収入証明・預金残高証明などを提出して再審査」

になってしまうという話が出ていたので、私も同様の問題にならないかとひやひやしていました。
ここで何故引っかかってしまうかというと、ネットを見る限りではどうも与信枠(ショッピング枠)の問題がありそうです。
一部の方は事前にアメックスに入金して与信残高を減らし、引き続き祭に参加しているという話も聞きました。

事前入金するにはまずアメックスに電話して口座を聞かなければならんだろうということで、電話して聞いてみました。

そこでまず、ショッピング枠がどれくらい残っているか聞いたのですが返答は、

オペ「当社では利用枠は設けておりません」

との回答。都度判断ということか。
そして、事前入金に関する部署に転送されると、

オペ「お客様の明細には不正利用と思われるものが上がっております。スカパー、ぷらら、UQ Wimaxで異常な数の請求が上がっておりますがこれはどういったものでしょうか?」

適当にごまかそうとすると、

オペ「当社ではこのような利用は不正利用だと判断しているのですが、プロバイダは何件程度申し込んだか覚えていらっしゃいますでしょうか?このような状況では一旦カードをストップし再審査、その際に給与証明、預金残高証明を提出して頂きことになります。」

これはやばい!再審査には少なくとも10日程度はかかるときいていましたのでこれでは月末の請求に間に合いません。

私「今急に止められても困ります。今週、来週と海外に行くのでその際にカードが使えないとまずい(これは本当)のでなんとかして欲しい。与信の部分が問題になるなら事前入金すればいいのか?」

オペ「そうですが、最近このような利用の仕方かつ事前入金が流行しておりまして、当社としても対応に苦慮しておりまして。このようなケースでは一旦ご利用を中断させて頂くことになっております。
お客様が本当の利用理由を言っていただかないことには、当社としても対応できません...
例えば、利用金額以上のメリットがある為登録しているとか...」

ポイントが欲しくて登録してると言えってことかよ。失礼なやつだと思いながらもここで引き下がるとカード利用停止となってしまいます。
その後色々と抵抗するも↑の一点張り。

私「そうですね。たしかにキャンペーンがあるのでこのカードに支払いをしているというところはありますね。」
と言うと、

オペ「そうですか。ありがとうございます。ちなみに年収はおいくら程度でしょうか?(ここで回答)それでは現在請求が上がっている約50万円分と現在利用はされているが明細としてあがってきていない約40万円分の合計90万円分を事前入金して頂ければこの場で審査し、例えば本日3時までの入金であれば夕方5時頃に審査結果をお伝えします。本日は難しいでしょうから明日でも結構です。」

私「ではすぐ支払います」

オペはちょっと驚いていたようでしたが、その後支払いを行い、無事5時頃に電話がきて審査通過したので通常通り使用できるようになったと連絡がきました。

今回は自分から電話しての再審査とやぶ蛇になった形ですが、みなさまもお気をつけ下さい。
ところで、入金したあとは今までどおり使っていいんでしょうかね?まだたいしてポイントもついていないので不安なところです。





2016年7月9日土曜日

携帯料金をアメックスゴールドカード払いにして、1件あたり2000ポイントをもらう

ドコモ、au、ソフトバンク全てのキャリアでブラックになっており最近は何もすることがありません。
生活も苦しくなっていくばかりなので、新しく何かないかと探していたところ、友人からアメックスゴールドカードのキャンペーンについて教えてもらいました。

一部ポイントサイト(私の場合はちょびりっちというサイトを紹介してもらいました)かから申し込んだ場合に、入会から3ヶ月間、公共料金やプロバイダ料金の支払いの度に2000ポイントもらえるというものです。










申し込みを完了させ、カードが届いたのは6月頭でした。
ところが、6月に入りこのボーナスポイントの上限が60000ポイントに設定されてしまいました。
恐らくみなさんが色々な手を使ってかなりポイントを稼いだのでしょう。

私のほうは6月以来、

東京電力
東京ガス
東京水道局
au携帯料金(3回線)
Yahoo プレミアム
050+
SO-net
IIJ mio
AOL
BIGLOBE simplan
BIGLOBE
hulu
スカパーオンデマンド
UQ Wimax 1day

を契約してきました。
現時点ではほとんど付与されておりませんが、少しでも参考になればと思い、しばらくの間細かく報告していきたいと思います。






2016年4月10日日曜日

auから30万を超える請求が計上され、クレジットカード会社が問い合わせを受ける その②

前回の続きです、
お昼休みにauに電話して解約済み回線の料金について調べてもらいました。
結果から言うと、やはりこのタイミングでの支払いは3月末に解約した回線の請求だということでした。
端末購入サポートの解約金が加わり、9回線の解約で約32万円という請求になっていたとのことです。
既存回線は確定までに時間がかかるのですが、解約済み回線はすぐくるんでしょうかね。
ということでばたばたとしてしまいましたが、クレジットカード会社にも電話して支払い手続きと止めていたカードを復活させてもらいました。


2016年4月3日日曜日

auから30万を超える請求が計上され、クレジットカード会社が問い合わせを受ける

本日(4/3)昼過ぎにクレジットカード会社から電話があり、

「30分ほど前にKDDIから合計30万円ほどの請求が上がっているのですが、お客様心当たりおありでしょうか?」

「いえ、本日はクレジットカードを一切使っていませんので私ではありません。」

となり、ひとまずクレジットカードを止めました。
クレジットカード会社によると、KDDIからau電話料金という明細で請求が上がっているとのこと。
もしKDDIから請求が来る可能性があるということであれば、KDDIに連絡して確認してほしいと言われました。

もしかしたら、3月末に解約した9回線の違約金かと思い、カスタマーサポートに電話して確認を試みるも、クレジットカード番号からの追跡はできず。
番号を伝えるも

「このタイミングで請求があがることはないと思います」

とあいまいな答え。
クレジットカード会社に再度連絡し、カード会社経由で確認してもらうもauからは
「本人でないと回答できない」
とのこと。

最終的にauショップに行って確認してもらうことにしました。
すると、
「現存している番号の請求ではないようです。まだ請求が来るタイミングではありませんので」
「解約した番号の内容については、こちらに電話してください」
として、

0120-925-457

を紹介されました。なお、こちらは平日の9時-17時までしかやっていないということです。
ちょっといらいらしてきたので、
「そちらから請求してきておいて、内容もわからないというのはどうなんですかね。確認取れないとクレジットカード使用できないんですが」

と嫌味を言いましたが、どうしようもないのでと言われ、すごすごと帰ってきたのでした。
恐らく解約金の請求だと思いますが、明日確認してみます。


3月末にもう既に不要となったau回線、合計9回線を解約しました。

2016年4月1日金曜日

auで120日内に契約した回線を譲渡して枠空け→昨日契約した回線を即シングル化して2回転を狙う②

さて、先週土曜日に3回線契約してその後です。
前回の記事は↓こちら
auで120日内に契約した回線を譲渡して枠空け→昨日契約した回線を即シングル化して2回転を狙う①

週が明け無事にCBを受け取ることができました。CB受け取りまでのスパンが短いのはいいですね。
そして、2回転目の準備に移ります。
まず、土曜日に契約した契約した回線をシングル化して音声枠を空けます。
前回の記事に書いたように、日曜日のうちにシングル化回線(12月契約分3回線)を弟には譲渡済みです。
ちなみにこちらの譲渡は委任状を書いて弟に渡してやってもらいました。
無事譲渡も終わっております。

CBをもらったその翌日にauショップに行きます。
少し心配もありましたが、なんのことも無くシングル化は完了。

さて、そしてその足で新規契約に向かいます。
ちなみに私が残していたドコモ回線は2回線しかありませんでした。
せっかくなので3回線転入したいと思い、現在ドコモを使っている親の回線もこの際auに入れてしまうことにしました。
(つまり親名義のドコモ回線を私名義のau回線に入れてしまうということです)
親には事前に委任状を書いておいてもらい、家族証明書(戸籍謄本)も準備しておきました。

そして、結果からいうと無事に3回線転入完了しほっと一安心。
とりあえず今年の3月は合計6回線auに転入して終了です。

一昨年、昨年に比べるとauしかない分数的には非常に少なく寂しいですが、やれるだけのことはやったと思います。
これでドコモ回線も尽きたので今後どうするかは考える必要があります。
これについては今回分かったことと合わせて次の記事に書きたいと思います。

2016年3月31日木曜日

シングル化した当日は解約できず。auの罠にはまる

昨日(3/30)に3回線をシングル化して同日3回線MNP転入してきました。
その後、4月以降の施策がどうなるか全く見えないこと、ドコモの弾も消費しきったこと、例年4月以降は案件が死滅することから、ブラック覚悟で回線を解約しに行きました。

本日契約した回線はもちろんCBを待たなくてはいけないので解約しませんが、残りの120日以内経契約回線を全て解約しようとしたところ、

「エラーが出て解約手続きができません。本日何か手続きしましたか?」

とのこと。

「そういえば今日シングル化しました」
「ああ、それではまだシステムに情報が反映されていないので解約手続きできません」
「え?解約すすだけですよね?強制的に手続きできないでしょうか?」
「手続きした店舗でないと強制オーダーできないんですよ」

と言われあきらめたんですが、強制オーダーって手続きした店でしかできないんでしたっけ?
多少の疑問を抱きながら翌日、3月最終日に手続きにしに行くことにしました


2016年3月27日日曜日

auで120日内に契約した回線を譲渡して枠空け→昨日契約した回線を即シングル化して2回転を狙う①

昨日(3/26)にauに3回線転入してきました。
もう案件死滅したと思ってずっと見てなかったのですが、探して見ると一括ゼロ円+CB付が色々出てきていたので最後だと思って突っ込むことにしたものです。

しかし、ここで問題となるのは弾の問題です。
MVMOは手間だし時間的に間に合うかわからないので、自然とドコモからauへ飛ばすことになります。
ドコモ回線は昨年3月に契約してシェアを組んでほぼゼロ円運用をしていたのですが、ルーター契約回線を飛ばすことになると維持費がかさんできます。

となると中途半端に回線を残しても仕方がないので、なんとか3月末までに全回線(残り3回線)をauに入れてしまってそれで終わりに出来ないかと考えました。

3/26に3回線転入した時点で、auは音声・データ共に5回線ずつでフルとなっています。
そこで、12月に契約してシングル化した回線を弟に譲渡して枠を空け、3/26契約の3回線をシングル化して再度3回線契約するということを計画しました。

3/26契約回線をシングル化しても大丈夫なのかという意見もあるのですが、その為にCBが早い店(週明け手渡し)を選び、CBを受け取った後にシングル化することにします。
その後は既に取り置きをしている店で月末までに転入手続きを終える予定です。
転入を終えた後は全て解約して4月以降どうなるか様子を伺うしかないと思ってます。
飛ばし先もないのに維持費を払い続けるのはきついので

さてこれが上手くいくか実際来週に試して見てまた報告したいと思います。

2016年3月13日日曜日

ドコモショップ店員に無理だ無理だと言われながらもデータ(ルーター)から音声へ3回線の変更を完了させる

auが息を吹き返してきたので月末に向けて準備を始めました。
まずは弾が無いと話にならないので、ドコモのデータ(ルーター)回線を音声に変更することに。

友人からは、
「最近ドコモは90日ルールが厳しくなっていて、データ→音声への変更でも90日以内に2回線までしかできない。」
「預託金を積むとか、長期回線があるからOKとかそういう話ではない」

と聞かされていたので早めに結果を知りたかったというのもあります。
ドコモショップで待つこと約一時間。
手続きしたい内容を伝えると店員さんの顔が曇ります。

「2回線しかできないと思いますが、、、」
と言われながら手続きをしてもらいます。
まず2回線はスムーズに手続き完了。

「3回線目は確認が必要なのですぐには手続きできません。」
「センターが込み合っていて電話が全くつながらない(←ほんとか?)」
「既に閉店時間過ぎているので次回空いているときにきてほしい」

と言われながらも、
「来週は来ることができないので、お店さえよければ待ちますから確認して欲しい」
と伝え(来れないのはほんと)、さらに待ちます。

店舗ではテレビでちょうど大好きなイエモン特集をテレビでやっていたので観ていたかったというのもありました。
「確率は低いと思いますが、確認します」
と言われ待つことさらに30分。

店員さんが戻ってきたので、駄目でしたと言われるかと思いきや、
「審査通過しました。3回線分手続き完了です」
との報告。

少なくとも預託金などを言われると思っていただけに拍子抜けしました。
なお、本日手続きを開始する時点では音声契約はゼロ。
データ(ルーター)契約が5回線残っているのみで、当然の如くブラックであり、特価ブラックでもあります。

とりあえず弾が確保できてよかったものの、追加で音声契約に移せるのかというところと何故今回は通ったのかは確認をしてみたいところです。

2016年2月20日土曜日

auで委任状と戸籍謄本を使って無事に家族名義(ドコモ)→自分名義(au)に転入完了

MNPでCBをもらうということがかなり難しくなってしまった今では意味がないかもしれませんが、
先日初めて名義変更付きMNPを譲り渡し人無しでやってきました。
今までは弟同行のもとでやったりはしていたのですが、本人無しの中でやるのは初めてなので少し緊張していました。

必要書類は以下の通り

委任状(auショップでもらえる)
戸籍謄本(家族関係の証明の為)
譲渡人の身分証明書(コピー可)

です。
家族間でないと手続きができないので、家族を証明する書類が必要となります。
同居してれば住民票でもいけるはずです。

家族を連れてこれないこともあるかと思いますので、このあたりうまく使いながら効率的にまわしていきたいです

2016年1月31日日曜日

登録ミスか?auのシングル回線に合計6回線移すことができてしまった

もしかしたら今週末が最後かもしれないと思い、既存のau 3回線(音声)をシングル化し、新たに3回線契約してきました。

今回シングル化する前に既に3回線をシングル化して保有していたので追加できる回線は2回線のはず。
しかし、やっぱり3回線で契約しないと損をした気分になってしまうので駄目元でauショップにて何も言わずに3回線分のシングル化をお願いしました。

ひやひやしながら手続きを進めると、あれれ、3回線シングル化完了してしまいました。
ここで店員さんに詳しく聞こうとしてやっぱり駄目でしたと言われるのも嫌なので理由も聞かずそのまま店をあとにしました。

そして翌日、当初は移転元が親名義のドコモ回線2本をauに入れるつもりだったのですが、どうも3回線いけそうだということで、あわてて追加で自分のドコモ回線の予約番号を取得。
そして手続きを開始しました。

もしかしたら2回線しか通らないかもなぁと思いながらも、(移転元は親名義だし、そもそも親名義の2回線は年末に個人事業主名義から親名義に変えて即ドコモへ転出したいわくつきの回線だし)お店に受け取りに行って見ると無事3回線とも開通したのでした。

お店の人にきいてみても、シングル化できるのは5回線までですよーと言っていたので、私の契約内容がどういうことになっているのか少し不安です。
登録時のエラーだったのでしょうか???

2016年1月30日土曜日

auショップで店舗ブラックとなった模様。シングル化すると言ったら契約お断りされる

いよいよ今月で一括ゼロ円施策が終了になってしまうのではないかということで、先週日曜日の夜に急きょ契約しに行ってきました。

auは11月に契約、その後12月にシングル化した後にまた契約ということをしていたので、3か月連続の契約となりますね。

auショップだったし、既に時間もなかったのでその場でシングル化し、契約しようと思ってまず番号札を取り、委任状(移転元名義はオヨあの名義だった)を用意してお店で待っていたところ。。。

「お客様、昨年11月にも当店で契約されておりませんでしたでしょうか?」
「はい。そうですが。」
「利用者登録を入れても3回線しか契約できませんが」
「いや、11月に契約した回線はシングル化してますので音声枠は空いています」
「一般のお客様のご迷惑になりますので、そういったお客様の契約は当店ではお断りしております


と言われてしまいました。
複数台で一括ゼロ円!キャッシュバックも増額!とかやっておきながら、今更なにいってんだこいつと思いながらもしょうもないとこでもめてもしょうがないので、

「あ、そうですか。そうならそうとちゃんと予約した時に言ってくれればよかったですね」

と捨て台詞を残して寂しく帰宅しました。
ここに関しては11月に契約した回線で有料コンテンツを即解約したことをもしかしたら覚えられていたのかもしれません。

まぁおかげで今週末にもっといい案件をゲットできたので結果オーライでした。

2015年12月30日水曜日

委任状を使った契約でドコモ未契約の人が特価BL宣告を受ける

私の家族がauから携帯を変えたいといっていたので、先日委任状を取りに実家へ行ってきました。
そしてソフトバンクへは入りたくないので、ドコモに狙いを定めておりました。

購入サポートのついていないiphone6sを確保するためにドコモショップへ並び、なんとか3台分を確保しました。
そして、委任状と身分証明書の原本を提示して意気揚々と手続きをしていたのですが。。。

店員さん「契約はできますが、ドコモの割引や月サポをつけることができません。それでも契約されますか?」

私「え?家族は今まで一度もドコモを契約したことがないのですが、何故そういうことになるのでしょうか?」

店員さん「詳細についてはなんとも...総合的に判断されておりますので」

私の家族のほう(以下、A。契約名義人)はこれまで一度もドコモを契約したことが無く、auを3年使っていただけでした。
今回個人事業主名義の回線二つをAに移し、数日後にメイン回線と合わせて3台をドコモに転入しようとしてのこの事態です。

もしかしたら委任状で本人がいないと言うことになってしまうのかと思い、急遽弟を呼び出してA→弟へ名義変更付きMNPをトライします。

しかし、ここでも特価BL宣言。
弟は3月、7月と合計8回線特価購入していますのでしょうがないところではあります。

今回の案件はかなりいいものだったので、結局特価なしの購入となりました。
しかしながら、これまで一台も契約したことが無い人でも特価BLになってしまうとはびっくりです。
委任状が悪かったのでしょうか?本人が店にきていたらどうなったか試して見たいところです。

2015年12月26日土曜日

auでAST21を使ってシングル化し、即日転入する

年末を向けてあまりにauのキャッシュバックが盛り上がっているので、今まで手を出さなかったauのシングル化に手を出すことにしました。

auのデータ回線は何も持っていないので11月に契約した3回線をシングル化します
auかえる割スーパーのキャッシュバックは1月末付与なのでそれは消えてしまいますがしょうがないですね。

まずはAST21を調達します。SIM機なので複数登録ができます。
しかし、一台のデータ端末で一度に複数回線シングル化できるかどうかはお店の方針によるようです。
私は結局auショップを4軒回りましたが、2軒は一回線しか無理、2軒は複数回線可能でした。

シングル化後のプランは6000円弱のプランしか選べません。
なぜかどのお店でもスマホとセットにすると月々の利用料金が2000円台になると説明を受けたのですが、結局全て駄目でした。

そして、昨日1回線、本日2回線をシングル化し、MNP転入手続き実施。
当日手続き即転入できるのかは不安でしたが、無事転入手続きできました。

今後どうするかは年明けの状況をみて考えたいと思います。

2015年12月25日金曜日

auで個人事業主回線を家族に契約譲渡する。

12月23日ですが、実家に帰りました。
なんでわざわざそんなことをしに行ったかというと個人事業主で持っていたau回線を家族に譲渡する為です。
以前書いたように個人事業主名義ではもはや新規契約が出来なくなっているので、

個人事業主→家族へ譲渡→ドコモへMNP

ということを考えたからです。
その家族の回線は2年前にauをMNP契約してプレゼントした毎月割付き回線だったのですが、月割も消えるので、MNP祭が終わるので一度転出を考えており、一台で転出しても安くないのでじゃあ余っている回線くっつけて一緒にMNPしてしまうおうということです。
auは本人同席でないと新規契約や譲渡ができないのでわざわざ交通費をかけて行って来ました。

支払いは家族い背負わせたくないので、譲渡した回線の支払いは私宛にしました。
何故かクレジットカードの登録はできず、口座登録と言うことになりました。
銀行印を持ってきてなかったのですが、問題なくいけました。最初の数回の請求は請求書払いになるようですが、口座払いになる前に転出になってしまいますね。

なお、譲渡する際には料金プランなどが一回リセットとなってしまうようで、基本使用料だけで維持していた回線にフラットをつける羽目となりました。
日割りがきくのか聞くのを忘れましたが、多分大丈夫??

ドコモの委任状も家族に書いてもらい、免許証も預かったので週末にドコモへ転入予定です。
転入した後は私が組んでいる家族グループにいれるので料金はほぼかからなくはずです。

今はauが相当熱いので、ほんとはすぐにドコモからauへすぐ舞い戻りたいのですが、auは一ヶ月以内の出戻りを認めていないようで(ブログで読んだだけの情報で確認はしていない)おとなしくすることします。
購入サポート解約金も高いし

2015年12月22日火曜日

特価BLで契約断念。ドコモのブラック明けは2年後か

友人の話です。
もう携帯こじきも終わりを迎えようとしているということで、少しでもと思ってドコモを契約しに行ったそうです。

彼は私と一緒に今年3月にドコモブラックになっています。
ドコモショップで確認し、一回線だけなら誓約書つきで契約可といわれたので契約しようとしたところ。。。

月サポ、端末割引全て不可で定価でしか買えないといわれたそうです。
これが特価BLというやつなのでしょうか?
そして店員さんに色々と聞いてみたようで、はっきりしたことはその時にならないとわからないものの、BL明けは2年後になりそうだということを言われたようです。

まぁ2年後にまだMNPでうまくいくような状況が続いているとは思えないのでそれはよしとして、ドコモのBLが永久ではなさそうだということがわかって私も少し安心しました。

2015年12月10日木曜日

自宅の固定インターネット回線を解約し、ドコモのシェアグループ回線(テザリング)で代用する

ドコモでブラックリスト入りし、新規契約も出来ない状態でやることも無いので、自宅の固定インターネット回線を解約することにしました。
2年契約の満期月になり、キャッシュバックも頂いたのでフレッツ光を解約。
自宅でのパソコン用には、ドコモのシェアグループで組んだ回線のうち一つにSPモードをつけてテザリングをしています。

ということを始めてみて約5ヶ月。
通信量の制限が入るのが一番の心配だったのですが、ここまでは9-10GB/月で制限内です。
しかし、11月はネットでドラマをみていたせいか20日頃に制限を超え、突然回線スピードが遅くなってしまいました。

そこで登場したのがauの回線です。
今月契約した回線はフラットが必須で最早外せませんので、この回線からテザリングで飛ばすことにします。
今のところスピードも速く問題なし。
唯一の不満はテザリング用の端末を残しておかなければならないことぐらいでしょうか。。。
データ専用端末を安く調達してくればいいのかな?
ただ、ドコモの回線があればカケホーダイで発信専用にすれば電話代も浮くし。。。

と考えることはありますが、ひとまずこのやり方でしばらく使って見ようと思います。

2015年11月29日日曜日

即解から9ヶ月たってもブラック解除されず。ソフトバンクのブラックは長い

先週auを3回線契約した際に、auの既存回線はMNP予約番号発行付き解約という扱いにしていました。

その3回線が12月頭に有効期限を迎えてしまうということで、2月に即解して以来9ヶ月がたち、そろそろ喪明けしているだろうと思われるソフトバンクを契約しに行きました。

ソフトバンクは購入サポートという名の極悪短期解約金があるせいで非常に渋くなっています。
その中でiphone6にCB 5万5千円という半年維持した時点で黒字ぎりぎりのような案件をみつけたので契約しに行きました。

3回戦と言うことで利用者登録が必須になる為弟も連れて行きました。
弟は先週、契約期間8ヶ月のソフトバンク回線をauに飛ばしていたので入れ替えを図り、兄弟あwせて6回線契約の予定です。

ところが詳細審査に入りましたという店員さんの声を聞いてから10分程度、まず弟がブラックに。
久しぶりに聞く、総合的判断という言葉です。
そして私も契約にトライしたのですがあえなく総合的判断行き。

貴重な日曜の夕方を無駄にしたのでした。それにしてもいつになったらソフトバンクは喪明けするのでしょうか?
もし、一年たっても喪明けしなかったとなると永久なのかもしれません。

2015年11月23日月曜日

ドコモブラックでもフォト回線→音声回線への契約変更は可能でした

7月に契約してから何もすることが無かった為、間が空いてしまいました。
本日auを3回線契約してきたのですが、その時に気になったのは、
ドコモがブラックで契約できない中、果たしてフォト回線を音声回線に移すことができるのか?ということでした。

ドコモは現在12回線保有しており、音声2・データ5・フォト5なのですがこのフォト回線から音声に3回線を契約変更し、即MNP予約番号発行をしました。
新規契約はできないが、契約変更は問題ないようですね。
3回線いっぺんに移したのですが、預託金やら長期回線の有無やら聞かれることも無く、スムーズに手続きは済みました。

それにしてもドコモブラックはいつ明けることやら。。。
いつまでたっても明けないのかもしれませんが、ソフトバンクも2月に即解約をしてブラックになっているであろう中、120一毎にauにいれては解約するという寂しい作業が続きます。

2015年9月22日火曜日

ドコモのブラック明けは誓約書を書いての契約か?ブラック明けまでの期間は??

友人とまとめてドコモブラック入りしてしまったという話を書きました。
ドコモのブラックについては情報が少なく、復帰できるのかどうかすら分からなかったのですが、友人がドコモショップで話を聞いてきたとのこと。

そのドコモショップの店員さんは最近ブラック明けのお客を担当したらしくその時の情報をくれたようです。
その人によると、

* 最短半年でブラック明け
* ブラック明け後は複数回線契約可
* ただし1回線毎に誓約書

なお、2月に回線を譲り受けて即解約を複数行いブラック入りしたその友人の家族が回線契約できるか試したところ、以前は審査にも入らず契約お断りだったところ、今回は審査に入ったとのこと。

やはり半年程度たつとブラック明けに近くなってくるということかもしれません。